<コラム>激安JF-17戦闘機、AESAレーダー装備で生産へ

<コラム>激安JF-17戦闘機、AESAレーダー装備で生産へ
J-20ステルス戦闘機のチーフエンジニアである楊偉氏は「JF-17戦闘機は今、ブロック3を生産中だ。JF-17で、さらに強化された情報化作戦能力が現実のものとなるはずだ」と言った。写真はJF-17。(Record China)
今年3月、中国で国会に相当する両会が開会されていたときに、J-20ステルス戦闘機のチーフエンジニアである楊偉氏がインタビューを受けた。「JF-17戦闘機は今、ブロック3を生産中だ。JF-17で、さらに強化された情報化作戦能力が現実のものとなるはずだ」と楊偉氏は言った。中国のポータルサイト新浪が伝えている。

楊偉氏によると、JF-17ブロック3の開発とバッチ生産は同時におこなわれているという。これは、おそらく装備されるアビオニクスなどの部品(サブシステム)を開発しながら、機体を生産すること意味している。この方式ならアビオニクスなどの開発が終われば、それらを即座に機体に装備して、すぐに引き渡すことができるようになる。

JF-17は中国とパキスタンが共同出資し開発した戦闘機だ。第4世代機に分類され、全天候型、単座、単発の多用途軽戦闘機である。

JF-17については、どれくらいの数が生産されるのかが専門家たちから注目されていた。現在パキスタンの103機の他には、ミャンマーが16機を購入、ナイジェリアが3機を購入した。また、昨年のパキスタン側の報告によると、アゼルバイジャンは24機を購入する見込みで、現在交渉中だという。

第4世代戦闘機としては、価格が非常に安いことがJF-17戦闘機の最大の長所だ。はやい段階から輸出用として、貧しい国向けのニッチ市場が意識され、ある程度の新しい能力を持ちながら、競争力のある価格の戦闘機になるように設計されていた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月21日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。