乱高下し揺れる機内で次々に絶叫、乗客がパニック状態に=韓国・済州島に向った中国機が強風のため着陸不能に

乱高下し揺れる機内で次々に絶叫、乗客がパニック状態に=韓国・済州島に向った中国機が強風のため着陸不能に
韓国・済州国際空港に向かった中国・春秋航空機が強風のために強く揺れ、乱高下を繰り返した。悲鳴や絶叫が次々に上がるなど、乗客はパニック状態になった。同機は着陸を断念して引き返した。写真は春秋航空機。(Record China)
浙江省寧波市を飛び立った春秋航空9C8652便は、韓国・済州国際空港への着陸を目前に控えていた。高度が下がった。夜間飛行ではあったが海面も見え始めた。ところが機内は揺れに揺れた。急速降下すると思えば、次の瞬間にはエンジンを吹かして急上昇する。乗客はパニック状態になった。客席のあちこちから絶叫が響いた。中国メディアの新民網が2019年3月21日付で報じた。

9C8652便は20日、寧波櫟社国際空港を午後6時53分に出発した。済州国際空港への到着は同日午後9時40分を予定していた(いずれも現地時間)。済州国際空港に近づき高度を下げる。客室窓から海面も見え始めた。ところが、飛行機は揺れに揺れた。

左右だけではない。上下方向にも大きく揺れ、乱高下した。機体が急に高度を失う。乗客らは、体が座席から浮き上がるような感覚に襲われる。と、次の瞬間はエンジンを急に吹かして上昇する。体が座席に押し付けられる。機内のあちこちから、悲鳴や絶叫、さらに泣き声が聞こえてくる。もはやパニック状態だ。ただ、乗客が撮影したと思われる動画を見る限り、座席から立ち上がる人はいなかったようだ。

済州国際空港とその周辺は強風に見舞われていた。同機は何度も着陸を試みたが、いずれも成功しなかったという。しばらくして機長から、気流のため着陸を断念して上海浦東国際空港に向かうとのアナウンスがあった。乗客はようやく、落ち着きを取り戻したという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月21日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら