「東方の宝石」トキの個体数、7羽から3000羽に―中国メディア

「東方の宝石」トキの個体数、7羽から3000羽に―中国メディア
「東方の宝石」と讃えられる希少動物のトキはかつて、中国、日本、ロシア、北朝鮮の各地に広く分布していた。だが、20世紀半ば以降、捕獲や生態系の破壊などの原因によって、トキは絶滅の危機に瀕した。(Record China)
「東方の宝石」と讃えられる希少動物のトキはかつて、中国、日本、ロシア、北朝鮮の各地に広く分布していた。だが、20世紀半ば以降、捕獲や生態系の破壊などの原因によって、トキは絶滅の危機に瀕した。

【その他の写真】

1981年5月23日、世界でわずか7羽だけ残っていた野生のトキが、陝西省漢中市洋県で発見された。その後30年余り、保護体制が徐々に整うなかで、研究チームは、人工飼育、繁殖、ケージ内での自然繁殖、野生復帰に向けた順化訓練などの要となる技術面での難題を相前後して克服、中国のトキの個体数は7羽から2600羽あまりに増加、世界のトキ個体数は約3000羽に達するまでとなった。 新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月24日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。