台湾を国扱いなど、山東省で「問題のある地図」803箱分を処分―中国

台湾を国扱いなど、山東省で「問題のある地図」803箱分を処分―中国
25日、観察者網は、山東省の税関で見つかった「問題のある地図」が大量に処分されたと伝えた。(Record China)
       
2019年3月25日、観察者網は、山東省の税関で見つかった「問題のある地図」が大量に処分されたと伝えた。

山東省自然資源庁の公式サイトによると、21日に山東省自然資源庁などが主催した「問題のある地図の調査状況報告会」が開かれ、「問題のある地図」製品を処分したという。

今回処分された「問題のある地図」は、黄島税関の検査で見つかった世界地図で、台湾が一つの国家として表記されていたほか、「中国とインドの国境線が誤っている」などの問題があったという。

記事は「これは近年発見された『問題のある地図』の中でも最大の量で、合計803箱、2万8908冊に達した」と報道。この貨物の輸出に関わったのは安徽省合肥市の企業だというが、具体的な企業名や貨物の目的地の詳細については伝えられていない。(翻訳・編集/山中)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月26日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。