韓国人芸術家の従軍慰安婦像、「卑猥だ」と苦情相次ぐ

韓国人芸術家の従軍慰安婦像、「卑猥だ」と苦情相次ぐ
27日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の芸術家キム・レファンさんが制作した「従軍慰安婦像」が物議を醸している。資料写真。(Record China)
2019年3月27日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の芸術家キム・レファンさんが制作した「従軍慰安婦像」が物議を醸している。

記事によると、問題となっているのは韓国南西部・全羅北道の金堤市のアリラン文学村に展示されている「従軍慰安婦」と題された像。はだしで立つ少女は韓服(韓国の伝統衣装)を着ているが、上着とスカートがはだけて胸や太ももがあらわになっている。像の説明には「韓服の上着が破れて片方の胸があらわになり、スカートが破れて太ももがあらわになってつらそうな生娘。従軍慰安婦の姿」と書かれている。

この像に対し、一部から「卑猥(ひわい)だ」との指摘が上がっている。金堤歴史研究会のパクさんは「実際の被害者はこれを見て心を痛めるだろう。少女の不安な気持ちは感じられるが、あまりに赤裸々に体を見せるのは望ましくない」と話した。こうした苦情が相次いだため、現在は像の一部に布が掛けられているという。

しかし、制作者のキムさんは「慰安婦被害者の苦痛を表現したもので、卑猥な意図は全くない」と説明し、「作品を隠すと問題があるように見える。わざわざ卑猥に見えるようにする措置が必要なのか疑問だ」と指摘した。また「真実を美しく演出しようという観念から抜け出すべき。胸の部分だけに集中するから問題が起きる。作品全体を見て、時代的状況を読み取ってほしい」と強調したという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「私も実際にその像を見たら、反射的に上着を脱いでかけてしまいそう。不安な少女はスカートを握りしめ、少しでも体を隠そうとしたはず。この像は諦めたような表情に見えて個人的にはよくないと思う」「何でも芸術で済ませるのはよくない。被害者の気持ちを考えるべき」「信じられない。制作者や関係者は何を伝えたくてその像を設置したの?慰安婦についてちゃんと理解しているの?」など像に否定的な反応が寄せられている。

また、像のタイトルについても「従軍慰安婦という表現は気に入らない」「日本軍慰安婦被害者とするべき」と指摘する声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年3月28日の中国記事

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「政府」のニュース

次に読みたい関連記事「政府」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。