桜花園入場者が過去最高、武漢で「花見経済」発展―中国

桜花園入場者が過去最高、武漢で「花見経済」発展―中国
「花見ツアー」は今、武漢で最もホットなワードとなっている。23日には、武漢大学の花見のネット予約枠3万人分が前日でいっぱいになり、東湖桜花園は入園者数がのべ8万人を突破して過去最高を更新した。(Record China)
「花見ツアー」は今、武漢市(湖北省)で最もホットなワードとなっている。23日には、武漢大学の花見のネット予約枠3万人分が前日でいっぱいになり、東湖桜花園は入園者数がのべ8万人を突破して過去最高を更新した。経済日報が伝えた。

武漢駅で25日に調査したところによると、22日に武漢駅に到着した客は8万5114人で、大半が花見客だった。駅員の劉奎書さんは、「武広高速鉄道(武漢-広東省広州間)のおかげで、広東省や香港地区からも観光客がやって来るようになった。今年は観光客の範囲がさらに広がり、北の方から来る人も徐々に増えている」と話した。

ここ10年ほど、武漢市は旅行ブランド「新花城」(新・花の町)の育成に力を入れ、選りすぐりの花見イベントを次々に開催してきた。中心市街地の東湖には梅園、桜園、ハス園、ツツジ園、牡丹園の5つの花園があり、落雁島のバラ園も完成した。張公堤公園にはそれぞれ約6.7ヘクタールの桃林、ハクモクレン林、芙蓉林、花の咲くエリアがあり、都市の花見ゾーンになっている。郊外の黄陂雲霧山には約6667ヘクタールの野生ツツジの群生エリアがあり、黄陂、新洲、蔡甸の各区にも同規模の菜の花エリアがある。詩に「春の訪れは春自身のためでなく、たくさんの花々を香しく咲かせるため」という。桜の花見熱が高まるにつれ、武漢では地域全体をカバーするオールシーズンの花見環境が急速に整備されている。

花を媒介に、武漢では「花見経済」が急速に発展中だ。武漢市文化・観光局の楊相衛局長は、「新花城の構築に力を入れており、武漢はさまざまな関連設備が日に日に充

実して、観光客にとって『帰りたくなくなる町』になりつつある」と話す。2018年に武漢はのべ2億8800万人の観光客を受け入れ、花見のピーク期の観光客はのべ8496万6000人で前年同期比13%増加した。花見ツアーによる収入は157億元(約2568億円)に達した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「広州 + 観光」のおすすめ記事

「広州 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

「広州 + 事件」のおすすめ記事

「広州 + 事件」のおすすめ記事をもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月31日の中国記事

キーワード一覧

  1. 広州 事件
  2. 広州 観光

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。