日本に続け!韓国で「猫の島」プロジェクト開始=ネットは歓迎ムード

日本に続け!韓国で「猫の島」プロジェクト開始=ネットは歓迎ムード
5日、韓国・ハンギョレは「韓国にも猫の島ができる」との見出しで、「日本の青島のように住民と野良猫が共に暮らす島ができる」と報じた。資料写真。(Record China)
2019年4月5日、韓国・ハンギョレは「韓国にも猫の島ができる」との見出しで、「日本の青島のように住民と野良猫が共に暮らす島ができる」と報じた。

記事によると、韓国の動物保護団体・動物救助119(イム・ヨンギ代表)は3日、全羅南道(チョルラナムド)高興郡(コフングン)の艾島(エド、またはヨモギ島)に、今年中に「猫の島」を造る予定だと明らかにした。同プロジェクトは、昨年9月に団体関係者らが島を訪問して始まったもので、餌場の設置、去勢・避妊手術による個体数の調節、個体別の健康チェック、飼料支援などについて話し合い、住民と共存できる文化を創る予定という。

記事は艾島について「珍しい暖帯林があり、全羅南道民間庭園1号に指定されている。島の住民らが犬を育てないと約束した村でもあり、古くから多くの野良猫が暮らす土地だった。現在では、30~40匹あまりの野良猫が住んでいる。人口は15世帯20人余りで、原始林と素晴らしい自然景観は『屋根のない美術館』と呼ばれるほど」と伝えている。

しかし人口減少により「陸地と島を往来する客船が廃止の危機に瀕している」という。この島に暮らす50代のキム・サンヒョンさんは「島の住民らが神聖なものと考えていた原始林が外部の人に公開されたのは、わずか3年前に過ぎない。2016年に年配の住民らを説得し、約400年ぶりに初めて一般観光客の出入り許可をもらった」と説明し、「日本の青島のように猫好きの聖地にしたい」と話したという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年4月8日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。