失言多すぎ桜田氏の辞任、中国でも話題に

失言多すぎ桜田氏の辞任、中国でも話題に
12日、桜田義孝五輪担当相が失言で辞任したとのニュースが中国でも伝えられた。資料写真。(Record China)
2019年4月12日、桜田義孝五輪担当相が失言で辞任したとのニュースが中国でも伝えられた。

桜田氏は10日、出席した高橋比奈子衆院議員のパーティーで、高橋議員のことを「復興以上に大事」と発言。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウント「視角_日本」は「この発言は、『被災地復興より政治家が大事』と大臣が考えていることを意味する」と述べ、桜田氏が問題発言の数時間後に辞表を提出したことを伝えた。

同アカウントは「桜田氏の失言はこれが初めてではない」とし、桜田氏が白血病を公表した競泳の池江璃花子選手について「がっかり」と発言したり、被災地の名前を言い間違えたりしたことなどにも言及。桜田氏の失言、辞任に対し、中国のネットユーザーからは「わざと?」「心の中にあることを口に出しちゃった」「もともと大臣をやりたくなかったのではと考えてしまう」「日本の政治家にはこういう人が多い。秘書が優秀なんだ」「辞任、遅すぎたね」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/野谷)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年4月12日の中国記事

次に読みたい関連記事「新浪微博」のニュース

次に読みたい関連記事「新浪微博」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。