在日中国人による日本の物価報告、中国ネット「北京より安い」「場所どこ?」

在日中国人による日本の物価報告、中国ネット「北京より安い」「場所どこ?」
9日、大阪に住む在日中国人の「愛染香在大阪」さんが中国版ツイッターで「日本の物価について報告します」としてイチゴやリンゴの値段を報告。驚きの安さに中国ネットユーザーの注目が集まっている。写真は日本のスーパー。(Record China)
2019年4月9日、大阪に住む在日中国人の「愛染香在大阪」さんが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「日本の物価について報告します」としてイチゴやリンゴの値段を報告。驚きの安さに中国ネットユーザーの注目が集まっている。

「愛染香在大阪」さんは、「はるばる激安の八百屋さんに買い物に来た!」とつづり、果物や野菜の値段を写真とともに紹介。イチゴ1パック258円、ダイコン1本88円、リンゴ1個68円、トマト4個178円、小松菜1袋58円だったとし、「ほかの地域に住む留学生も感動すると思う」とコメントしている。

ネットユーザーからは「北京より安い」「中国国内でイチゴは1パック30元(500円)近く。しかも大きくなかった」「トマトいいなあ!池袋では安くても1個110円だったよ」「長崎は1パック400円だった」などと自身の住んでいる地域と比較したコメントが相次いでいる。

また、複数のネットユーザーが「場所はどこ?」「店名は?」などと質問しており、「愛染香在大阪」さんは「店名は書いていなかったけど場所は鶴見橋商店街(大阪西成区)の越前屋付近です」と回答している。(翻訳・編集/和田)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年4月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。