中国の大気環境、2018年は引き続き改善―中国メディア

中国の大気環境、2018年は引き続き改善―中国メディア
中国気象局は29日、「2018年大気環境気象公報」を発表し、昨年の全国平均静穏天気指数は11.0と過去5年の平均と横ばいで、前年(11.4)を3.5%下回り、大気拡散条件が良かったと指摘した。写真は南京。(Record China)
中国気象局は29日、「2018年大気環境気象公報」を発表し、昨年の全国平均静穏天気指数は11.0と過去5年の平均と横ばいで、前年(11.4)を3.5%下回り、大気拡散条件が良かったと指摘した。京津冀(北京・天津・河北)エリア、長江デルタエリアの2018年の平均静穏天気指数は過去5年の平均及び前年と比べやや上昇し、大気拡散条件がやや悪かった。人民日報が伝えた。

全国の大気環境は昨年、改善が続いた。昨年の全国平均煙霧日数は20.5日で、前年より7.1日減少した。煙霧プロセスの回数と影響面積が前年より減少した。全国で砂塵が計14回発生し、例年の平均を大幅に下回った。中国環境モニタリングセンターのデータによると、粒子状物質(PM10)と極小粒子状物質(PM2.5)の濃度が低下を続けた。昨年のPM10の平均濃度は前年より5.3%、PM2.5は9.3%低下した。衛星反転データによると、昨年の二酸化窒素(NO2)平均対流圏総量、二酸化硫黄(SO2)総量が減少を続け、前者が過去5年平均比で5.9%減、後者が3.8%減となった。中国の大気環境は全体的に好転する傾向を示している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月4日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。