残業族が中国のコンビニ夜間消費を牽引、ニーズ対応には困難も―中国メディア

残業族が中国のコンビニ夜間消費を牽引、ニーズ対応には困難も―中国メディア
24時間営業のコンビニエンスストアの店舗数と売上高は地域の夜間消費の状況をよく反映するものであり、夜間消費では残業族が中心層の一つを占めている。写真は中国のファミリーマート。(Record China)
24時間営業のコンビニエンスストアの店舗数と売上高は地域の夜間消費の状況をよく反映するものであり、夜間消費では残業族が中心層の一つを占めている。北京商報が伝えた。

■「残業族」が夜間消費を牽引する

サラリーマンが残業する機会が増えるのにともない、退社後の消費時間がより遅くなり、深夜に店を開けるレストランや24時間営業のコンビニはより長くより遅くまで利益を出せるようになった。

具体的にみると、コンビニチェーンの便利蜂のデータによると、「中国のシリコンバレー」と呼ばれる北京市の中関村エリアでは売り上げの多い時間が夜まで続くのが普通になり、午後9時を過ぎても、昼間のピーク時間の20%ほどの来店者がある。また、百度(バイドゥ)、華為(ファーウェイ)、滴滴出行、騰訊テンセント)、網易などの大手企業が集まる西二旗エリアでは、残業する人が非常に多いため、夜間売り上げが記録を更新し、来店者のうち25%が深夜0時まで続くという。

セブンイレブン北京の朱赤兵(ジュウ・チービン)副社長は、「夜間消費は通常は2つの時間帯に分かれる。前半は大体深夜0時までで、12時から早朝5~6時までが後半になる。全体として、セブンイレブンの前半の売り上げは実は少なくない。残業で遅くなる人が多く、近くのレストランは閉まっているという時には、コンビニで何か食べるのが選択肢になる。翌日の朝ご飯のために何か買っていくというサラリーマンもいる。こういうわけで深夜0時頃までまずまずの売り上げが続く」と説明した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。