「韓国で日本ブーム拡大」と韓国紙、食べ物に服飾ブランド、背景に若者の日本旅行増加

「韓国で日本ブーム拡大」と韓国紙、食べ物に服飾ブランド、背景に若者の日本旅行増加
歴史問題などをめぐる日本と韓国の対立が先鋭化する中、朝鮮日報は「韓国で日本ブームが拡大」と報じた。背景にあるのは最近の若者を中心とした日本旅行の急増だ。韓国のすし店(Record China)
歴史問題などをめぐる日本と韓国の対立が先鋭化する中、朝鮮日報は「韓国で日本ブームが拡大」と報じた。背景にあるのは最近の若者を中心とした日本旅行の急増。「若者たちは日本で経験した日本のブランド、食べ物などを韓国でも消費している」とみている。

朝鮮日報によると、ソウル市麻浦区の地下鉄合井駅から弘益大学方面に向かう通りには日本語が書かれた看板が並んでいる。すし屋から居酒屋、ラーメン店までジャンルも多彩だ。周辺の軽食店の経営者は「4、5年前からテント式の屋台やクラブがあった場所に日本の飲食店ができ始めた。ここは日本なのか韓国なのか戸惑うほどだ」と話した。

韓国統計庁によると、韓国国内の日本式飲食店の数は2013年の7466カ所から17年には1万1714カ所へと57%増えた。同じ期間の洋食店の増加率(19%)の3倍の伸びだ。

日本ブランドの攻勢が目立つのはファッション、生活用品も同様。韓国に05年に進出したユニクロの昨年の売上高は過去最高だった。韓国のファッション市場で単一ブランドが4年連続で1兆ウォン以上(約1000億円)を売り上げるのは初めてだ。「無印良品」も成長が目立つ。14年に480億ウォン(約45億円)だった韓国での売上高は昨年、約3倍の1378億ウォン(約130億円)を記録した。

これは韓国のファッションブランドの業績とは対照的だ。韓国ファッション業界最大手・サムスン物産のファッション部門の売上高は昨年、前年比0.6%減の1兆7590億ウォン(約1600億円)だった。LFとハンサムの売上高もそれぞれ6.9%増、5.7%増と1桁台の伸びにとどまった。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。