<サッカー>なぜ?ゴールキーパーの選手がフォワードとして途中出場、一度もボールに触れることなく3分後に交代―中国

<サッカー>なぜ?ゴールキーパーの選手がフォワードとして途中出場、一度もボールに触れることなく3分後に交代―中国
12日、中国サッカー・スーパーリーグの試合で、若手の控えゴールキーパーがなぜか途中でフォワードとして出場し、3分後にすぐ交代させられるシーンがあり、中国版ツイッター・微博で物議を醸している。(Record China)
2019年5月12日、サッカーの中国スーパーリーグの試合で、若手の控えゴールキーパー(GK)がなぜかフォワード(FW)として途中出場し、3分後にすぐ交代させられるシーンがあり、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で物議を醸している。

12日に行われたスーパーリーグの天津天海―広州富力戦で、天津の20歳のGK馬鎮(マー・ジェン)が後半40分から途中出場した。しかし交代した選手はゴールキーパーではなくMFの呉偉(ウーウェイ)で、馬はフィールドプレーヤー用のユニフォームを着てフォワードのポジションについた。

そして、試合終了間際の同43分、馬はボールに1度も触ることなく22歳のDF文俊傑(ウェン・ジュンジエ)と後退してベンチに退いた。

中国サッカー協会は今季、若手選手の強化を目的として、同リーグの各クラブに対して「U-23(23歳以下)の選手を少なくとも1人先発で起用すること」「U-23選手を1試合に3人以上起用すること」を要求。天津天海が試合終了間際に見せた「謎采配」は、この規定を満たすためのものだったとみられる。

中国の有名サッカー記者・姫宇陽(ジー・ユーヤン)氏は、自身のツイッターアカウントでこの件について紹介。天津天海が馬のフィールドプレーヤー用ユニフォームをあらかじめ用意する周到さに言及しつつ、「今年のスーパーリーグはU-23を巡るとんでもない出来事のオンパレードになりそうだ。今日はそのトップ3に入る出来事だった」と評している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月13日の中国記事

次に読みたい関連記事「新浪微博」のニュース

次に読みたい関連記事「新浪微博」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。