韓国がトランプ大統領の“歓待”を素直に喜べない理由

韓国がトランプ大統領の“歓待”を素直に喜べない理由
14日、韓国・SBSは「ホワイトハウスに招待された辛東彬会長、トランプ大統領の歓待がほろ苦い理由」と題する記事を掲載した。資料写真。(Record China)
2019年5月14日、韓国・SBSは「ホワイトハウスに招待された辛東彬会長、トランプ大統領の歓待がほろ苦い理由」と題する記事を掲載した。

韓国ロッテグループの辛東彬(日本名:重光昭夫)会長は13日(現地時間)に米ホワイトハウスを訪問し、韓国大手企業トップとして初めてドナルド・トランプ大統領と面会した。

記事は「トランプ大統領がホワイトハウスの執務室で辛会長と会ったこと自体が破格だ」とし、辛会長が今回招待された理由について「ロッテケミカルが米南部にあるルイジアナ州に約3390億円の工場を建てたことに対してトランプ大統領が感謝の意を伝えるため」と説明している。ロッテケミカルの工場は韓国企業の対米投資としては過去2番目に大きい規模だという。

今年3月にはSKイノベーションが米ジョージア州で電気自動車バッテリーの工場建設に着工するなど、韓国大企業の対米投資は活発化している。この理由については「何よりも米国内で生産された製品を露骨に優遇するトランプ大統領の通商圧力の影響だ」とし、「サムスンとLG電子が現地工場の稼働を急ぐのも輸入洗濯機に対するセーフガードが発動された後からだ」と指摘。さらに「こうした流れは米中貿易戦争の激化によりさらに拡大するとみられている」と伝えている。

最後に記事は「米国からAIやロボットなどの分野の技術移転を受けるのに有利である上、最近成長の勢いが顕著な米国の環境も、その背景として分析される」とし、「トランプ大統領の歓待を楽観視できない理由だ」と伝えている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月15日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。