「日本国籍はもう要らない」=在日中国人の心に変化―中国メディア

「日本国籍はもう要らない」=在日中国人の心に変化―中国メディア
15日、中国メディア・環球時報は、「日本国籍を取得したいと願う中国人の数は、年々減ってきている」と報じ、独自に行なった在日中国人へのインタビューの内容を伝えた。資料写真。(Record China)
中国メディア・環球時報は15日、「日本国籍を取得したいと願う中国人の数は、年々減ってきている」と報じ、独自に行なった在日中国人へのインタビューの内容を伝えた。

5月は日本に住む外国人が入国管理局に出向き、ビザの更新をする月であることを受け、記事は「今年もまた多くの中国人が『日本国籍を取得すべきか否か』という問題に直面し始めた」と紹介。「日本で引き続き仕事をして暮らしていきたいなら、1度煩わしい国籍取得手続きをしてしまえば今後はそれで済む話だ。しかし実際のところ、多くの在日中国人が苦労をいとわず入国管理局に出向くか、日本国籍よりもさらに取得難易度の高い永住権を獲得しようと努力している」と伝えた。

そして、その原因を解明するために、数人の在日中国人に対し独自に行ったインタビューの内容を紹介。1980年代の中国を席巻した「出国熱」に乗じて、新婚のころに湖南省の故郷から日本へやってきた劉(リウ)さんは、来日以来、日中間の酒類貿易を生業としてきた。今では家も車もあり、娘も2人いる。毎回奥さんと2人で入国管理局に行くと、職員からは「あなたは犯罪歴もなく、税もきちんと納めているので、日本国籍を申請すれば通る可能性は高いですよ」と言われるそうだが、劉さんらはあえて申請しないのだという。

劉さんの妻はインタビューに対し、「私たちも日本の生活に完全に慣れたというわけじゃない。毎年春節の時期は航空券を買って中国に帰るのだけど、旦那は毎回、子どもみたいに大はしゃぎするのよ。私も飛行機が着陸するとすぐに『ただいま!』とSNSのタイムラインに載せるの。年を取れば取るほど、根の生えた場所に戻るべきだと感じるようになったわ」と話した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月16日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。