オスカー受賞作もピカチュウの可愛さに勝てないのはなぜ―中国メディア

オスカー受賞作もピカチュウの可愛さに勝てないのはなぜ―中国メディア
中国映画市場では「アベンジャーズ/エンドゲーム」の勢いがなお続き、「ローマ」や「半辺天」などの芸術系作品も相次いで公開されたが、これらのいずれもピカチュウの可愛さに負けを喫している。写真はピカチュウ。(Record China)
中国映画市場では「アベンジャーズ/エンドゲーム」の勢いがなお続き、ダークホース的な興行成績を上げている「存在のない子供たち」も興行収入3億元(1元は約16.0円)に向かって突き進み、「ローマ」や「半辺天」などの芸術系作品も相次いで公開されたが、これらのいずれもピカチュウの可愛さに負けを喫している。先週金曜日から世界的にも有名なキャラクター・ポケットモンスターのゲームを実写映画化した「名探偵ピカチュウ」の公開が始まると、3日連続で当日の興行収入の半分以上をかっさらい、「アベンジャーズ」をトップの座から引きずり下ろし、可愛さで観客の心をわしづかみにした。「北京日報」が伝えた。

▽ピカチュウの可愛さが観客の心をわしづかみ

「Mr.インクレディブル」と「ミニオンズ」に続き、「名探偵ピカチュウ」は「可愛さは正義」というこの世のルールを改めて証明してみせた。映画の中のピカチュウは米スーパーヒーローキャラクター「デッドプール」の中年男性の声でしゃべるが、多くの観客は毛がふさふさした外観、丸っこい頭、稲妻の形をしたしっぽを見て、思わず「可愛い!」と驚きの声を上げる。この可愛いさのパワーで10日の公開初日には興行収入が7497万元に達して、大陸部のトップになり、興行収入全体のうち56.1%を占めて、「アベンジャーズ」の16日連続首位の記録をストップさせた。12日午後5時現在、累計興行収入は2億5800万元に達し、オンライン映画チケット販売大手・猫眼微影は、「最終的に6億元に到達する」と予想している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。