最も価値ある小売ブランド、中国のアリババがマック抜き2位―中国メディア

最も価値ある小売ブランド、中国のアリババがマック抜き2位―中国メディア
世界の小売ブランドに関する年間ランキングで米国のEC大手アマゾンが前年に続いて世界で最も価値ある小売ブランドに選ばれた。また阿里巴巴(アリババ)がマクドナルドを抜いて2位に躍進した。写真はアリババ本社。(Record China)
ロイター社が14日に伝えたところによると、英国の広告代理店グループWPPと傘下のデータ分析部門カンターがこのほど発表した世界の小売ブランドに関する年間ランキングでは、エンターテインメントやスマートスピーカーが好調だった米国のEC大手アマゾンが、前年に続いて世界で最も価値ある小売ブランドに選ばれた。また阿里巴巴(アリババ)がマクドナルドを抜いて2位に躍進した。

調査によると、アマゾンのブランド価値は91%上昇して3160億ドルに達した。アリババは48%上昇の1310億ドル。分析によると、この2社が急速に成長した原因は消費者の多様なニーズに応えることができたと同時に、小売事業以外にもさまざまな活動を展開したことにあるという。世界最大のファーストフードチェーンのマックはブランド価値が18%上昇して1300億ドルになった。

ファストファッションブランドが環境に与える影響に懸念が広がり、ZARAのブランド価値は10%低下して230億ドルに、ライバルのH&Mも39%低下して64億ドルになった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月17日の中国記事

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュース

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テンセント」のニュース

次に読みたい関連記事「テンセント」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。