5G時代においてただの電信柱ではなくなる電信柱―中国メディア

5G時代においてただの電信柱ではなくなる電信柱―中国メディア
高さ14メートル、重さ1500キロ、平均寿命30年の電信柱は今後、どのような力を発揮していくことになるのだろうか。(Record China)
高さ14メートル、重さ1500キロ、平均寿命30年の電信柱は今後、どのような力を発揮していくことになるのだろうか。韓国・中央日報(電子版)の14日の記事によると、韓国各地の900万本の電信柱は未来の5G時代においてスマートな進化を続け、オールマイティなスマートスポットになるとしている。環球時報が伝えた。

電信柱はもともと、単なるコンクリートの柱だったが、IoTセンサー技術の発展により新時代を迎えようとしている。センサーはいずれも小型コンピューターに相当している。韓国電力公社は、「元は送電用だった電力網を情報伝達に用い、エネルギーインターネットに変える。電信柱をスマート輸送プラットフォームにする」と表明した。2015年より韓国各地で設置が始まったスマートセンサーは、リアルタイムで電力データを収集する。これらのデータを基礎とし、電力網は猛暑日など特定の時期における各地の電力消費量を正確に予測し、省エネ情報のショートメールを段階別に利用者に送ることができる。一人暮らしの高齢者の家庭の電力消費量が急減すれば、電力網は社会の福利職員に情報を報告し、直ちに高齢者の安否を確認することができる。

電信柱はエネルギー貯蔵装置になる可能性もある。韓国電力公社は電信柱に充電設備を設置し、電気自動車に充電サービスを提供するプランを検討中だ。そうすることで既存の電信柱を活用でき、新たに土地を取得する必要がない。設置費用も100ー200万ウォン(約10-20万円)ほどだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月18日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。