5G時代においてただの電信柱ではなくなる電信柱―中国メディア



中国の通信専門家の項立剛(ディン・リーガン)氏は取材に対して、「スマート電信柱は未来の発展の非常に重要な方向だ。中国の多くの企業がすでに関連プロジェクトに取り組んでいるが、これらの機能を1本の電信柱に集約できるとは限らない。一部の機能に限られるだろう」と述べ、次の見解を示した。

項立剛氏によると、未来のスマート電信柱はまず、スマート街灯になり省エネを実現する。電信柱にはさらに多くの監視カメラを設置することが可能で、治安向上に大きな役割を果たすとみられている。またスマート電信柱は環境モニタリングが可能だ。北京市はすでに多くの環境検査測定データ収集スポットを設置しているが、市内の地域によって環境がある程度異なるため、これらのスポットで収集したデータは基本的な参考データにしかならない。すべての道路のすべての電信柱が将来的に環境モニタリングの能力を備えた場合、これらのデータを収集してビッグデータ解析を行うことで、より詳細で的が絞られた局地的な環境ガバナンスを実現できる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月18日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。