三菱地所が中国大手デベロッパー「万科企業」と戦略的提携、その他

三菱地所が中国大手デベロッパー「万科企業」と戦略的提携、その他
三菱地所が中国の大手デベロッパー「万科企業(Vanke)」と戦略的提携協議書を締結した。写真は三菱地所の中島篤執行役常務(右)と万科企業集団の張海高級副総裁兼上海区域本部首席執行官(左)。(Record China)
三菱地所が中国大手デベロッパー「万科企業」と戦略的提携 / トレンドExpressが日中間CtoC型越境EC事業を強化 / CRI・ミドルウェアが上海子会社設立で追加発表 / インアゴーラがエリアへの中国人観光客の誘致を支援 / リーガロイヤルホテル大阪がAlipayとWeChat Payを導入 / リーガロイヤルホテル大阪がAlipayとWeChat Payを導入 / ホロライブがVTuberオーディション強化、中国在住者のメンバーを募集

●三菱地所、中国の大手デベロッパー「万科企業」と戦略的提携
三菱地所が中国大手デベロッパー「万科企業(Vanke)」と戦略的提携協議書を締結した。長江デルタの「華東地域」における不動産開発プロジェクトについて、長期的な戦略的提携関係を確立する。2019年5月17日付で発表した。

双方は投資機会の共同研究を定期的に実施する。また互いに研修などの交流を行い、不動産事業に関する知見を交換する。

三菱地所によると、中国では近年、駅などの交通拠点と一体となった複合開発事業が多くなり、経済成長に伴う高いオフィス需要が存在している。東京駅前の丸の内エリアで長年手掛けてきた街づくりや多彩なオフィス開発、きめ細やかな不動産管理のノウハウなど、グループの強みが万科企業に高く評価されたという。

●トレンドExpress、日中間CtoC型越境EC事業を強化
トレンドExpressは17日、日中間のCtoC型越境EC事業を強化すると発表した。中国最大級のCtoCコマースアプリ「微店(ウェイディエン)」を展開する無線生活(

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。