女優コン・リーと結婚、巨匠ジャン・ミッシェル・ジャール氏が「若々しすぎる!」と注目の的に

女優コン・リーと結婚、巨匠ジャン・ミッシェル・ジャール氏が「若々しすぎる!」と注目の的に
17日、中国の女優コン・リーが、仏シンセサイザー奏者のジャン・ミッシェル・ジャール氏との結婚が明らかになってから初めて2人そろって姿を見せた。なお、ネット上ではジャール氏の若々しいイケメンぶり、華麗な経歴も大きな話題となっている。(Record China)
2019年5月17日、中国の女優コン・リー(鞏俐)が、仏シンセサイザー奏者のジャン・ミッシェル・ジャール氏との結婚が明らかになってから初めて2人そろって姿を見せた。なお、ネット上ではジャール氏の若々しいイケメンぶり、華麗な経歴も大きな話題となっている。

【その他の写真】

かねてから交際が報じられていたコン・リーとジャン・ミッシェル・ジャール氏だが、今春に結婚していたことが今月16日に明らかに。開催中の第72回カンヌ国際映画祭では17日(現地時間)、コンペティション部門出品作の「Pain and Glory」の上映が行われ、レッドカーペットに二人が手つなぎで登場。結婚が明るみになって以来、初めて公の場面にそろって姿を見せている。

コン・リーは53歳、ジャール氏は70歳と17歳差のカップルだが、ネット上ではジャール氏の若々しいイケメンぶりも注目の的に。「どう見ても50代くらいにしか見えない」「コン・リーと並んでも年齢差を感じない」「美男美女で絵になるカップル」と、ネットユーザーからは驚きの声が次々に上がっている。

世界的なシンセサイザー奏者のジャール氏は、76年のアルバム「幻想惑星(Oxyg?ne)」の販売数が1000万枚に到達し、83年の「Music for supermarkets」が世界で最も高価なアルバムになるなど、フランスが誇る巨匠。また、女優シャーロット・ランプリングおよびアンヌ・パリローとの結婚歴のほか、過去にはイザベル・アジャーニとも交際しており、4人目の妻となったコン・リーを含め、すべて“女神”級の美女たちであることも話題になっている。(Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月18日の韓流記事

新着トピックス

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。