「中国は最も身近な異国」、北京五道口の留学生たちのさまざまな人生―中国メディア

「中国は最も身近な異国」、北京五道口の留学生たちのさまざまな人生―中国メディア
北京市海淀区には、初期の鉄道路線「京張鉄道」の5番目の交差点だったことから「五道口」と呼ばれるエリアがある。(Record China)
北京市海淀区には、初期の鉄道路線「京張鉄道」の5番目の交差点だったことから「五道口」と呼ばれるエリアがある。五道口は現在、ますます多くの留学生が集まるエリアとなっている。留学生はここで勉強したり、仕事をしたり、起業したりと、自身の人生の1ページを刻んでいると同時に、この街の色にも染められている。新華社が伝えた。

【その他の写真】

【留学】人生計画を立て始めたマレーシアからの留学生

マレーシア人の顔以恩さんは、韓国焼肉が好きで、しょっちゅう友達と五道口にやって来ては焼肉を食べている。

マレーシア華人四世の顔さんは、北京大学経済学院に通っており、「家族みんなに応援してもらって北京に留学した。インターネットで北京大学の校門の写真を見て、すぐに気に入った」と話す。

顔さんは子供の頃からマレーシアの私立学校で中国語教育を受けていたため、中国語を流ちょうに話すことができ、マレー語と英語もペラペラだ。他の留学生よりも、北京の文化環境にすぐにすんなりとなじんだ彼女は、「中国は最も身近な異国だ」と話す。

そして、「北京大学の中国人の学生と一緒にいるといろんなことを学べる。友人に影響を受けて、私も人生計画を立て始めた。今、多くの中国の企業がマレーシア、ひいては東南アジア全体で業務を展開している。言語や文化的背景の面で、私にはメリットがあるほか、北京大学に留学した経験もあるので、帰国後はすぐに満足できる仕事が見つかるはず」とする。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。