中国空軍がJ-20戦闘機パイロット育成を急ぐ、L-15新型高等練習機を大量に導入

中国空軍がJ-20戦闘機パイロット育成を急ぐ、L-15新型高等練習機を大量に導入
中国は、J-20(殲20)ステルス戦闘機のパイロット育成を加速している。育成用に利用されているL-15高等練習機(写真)が大量かつ急ピッチで空軍に引き渡されているという。(Record China)
中国は、J-20(殲20)ステルス戦闘機のパイロット育成を加速している。育成用に利用されているL-15高等練習機が大量かつ急ピッチで空軍に引き渡されているという。中国メディアの新浪網が19年5月17日付で伝えた。

L-15のベースとなったJL-10(教練10)は初飛行が06年で、空軍が運用を開始したのは08年。ただし、現在空軍に引き渡されているL-15は「全く新しい」タイプという。

なお、航空工業洪都は15年時点でJL-10と呼び、初飛行を06年と紹介している。詳しい経緯は不明だが、古いタイプまでさかのぼってL-15と呼ぶことにしたとみられる。新浪網は同機について「教10」の古い名称を使ったが、実際には新しいタイプのL-15を指すと考えられる(本記事では以下、呼称をL-15に統一)。

新浪網によると、航空工業洪都の関係者は、L-15を空軍に引き渡したのは今年(19年)になって3回目と説明した。通常は1回に3機から6機が引き渡されるので、今年前半ですでに10機以上が引き渡されたとみられるという。

記事はさらに、航空工業洪都がL-15の生産を加速している情報があるとして、19年通年では40~50機が引き渡されるとの見方を示した。

L-15を使ってパイロットの育成をしているのは空軍と海軍で、海軍航空大学の場合にはL-15を受け取ってから1年以内に効率的な利用が確立され、最短の訓練時間でパイロットを育成するなどの極めて高い効率を発揮しているという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。