中国で今最も車を買うのは20代!彼らが「買いたい車」とは?―英紙

中国で今最も車を買うのは20代!彼らが「買いたい車」とは?―英紙
英紙フィナンシャル・タイムズの中国語版サイトは15日、「中国の90年代生まれの若者は、自動車の購入にあたって『ブランド』を盲信しなくなっている」という記事を掲載し、自動車マーケットにおける中国の若者の傾向を紹介した。(Record China)
英紙フィナンシャル・タイムズの中国語版サイトは15日、「中国の90年代生まれの若者は、自動車の購入にあたって『ブランド』を盲信しなくなっている」という記事を掲載し、自動車マーケットにおける中国の若者の傾向を紹介した。

記事によると、中国では近年、自動車を購入する人が減り、その客層にも変化が生じた。ECサイトの天猫(Tmall)が発表した2018年のリポートによると、同年の自動車購入者のうち、90年代に生まれた若者の割合は48%と圧倒的に高く、70年代に生まれた世代の割合(16.7%)を大きく上回ったという。25年には、90年代生まれの消費者が自動車マーケットに占める割合は54%に達すると見込まれている。

記事は、「これを受けて自動車企業のマーケティングは、『若年化』という旗印のもと、デザインやインテリア、アフターサービスに、『若者感』『テクノロジー』『融合』といった要素を押し出している。IT技術をふんだんに用いたり、奇抜なコンセプトを掲げたりすることで、若者を引き付けようとしている」と指摘。90年代生まれの若者の、自動車マーケットにおける2つの特徴を紹介した。

1つ目に挙げたのが「ブランドを盲信しないこと」。記事は、「90年代生まれには、『閉鎖的』であったり『新しいものを受け入れない』といった概念がない。そのため、彼らは海外ブランドを盲信したり、コストパフォーマンスを追及したりする80年代生まれとは異なり、品質の良さや面白味のあるブランドを重視しており、自国ブランドへの興味が日増しに高まっている」とした。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。