<コラム>韓国のこれ、ぜひクールジャパンにあやかりクールコリアに

<コラム>韓国のこれ、ぜひクールジャパンにあやかりクールコリアに
シンマニ(薬草採取のプロ)友とつれだって車で2時間ほどの山に行き、サンサム(天然の朝鮮人参)を1本採取した。15年根程度と推定されるものだった。(Record China)
シンマニ(薬草採取のプロ)友とつれだって車で2時間ほどの山に行き、サンサム(天然の朝鮮人参)を1本採取した。15年根程度と推定されるものだった。サンサムを取るのはかれこれ5年ぶりくらいだろうか。長いことお目にかかってなかっただけに、今回のサンサムはことのほかうれしかった。

畑に栽培している朝鮮人参はよく六年根といって、六年目に採取するのが一番とされている。その大きさも六年も経つとかなり太く大きくなる。立派だ。写真などでよく見られるものだ。

ところで、天然の朝鮮人参つまりサンサム(山蔘)は、見た目にはあまりにも貧弱なのだ。「え、これで15年根?」と驚くほど小さい。吹けば飛ぶほどに軽い。

でも、このサンサム。山に自生しているその姿には、非常に高貴の面影がある。立っているその姿はとにかく独特そのもの。つんと澄まして立っている。孤高の哲学者のような、あるいは全く反対語のようではあるけれど絶世の美女のような面持ちである。

素人(わたし)はなかなか見つけることが難しい。友のシンマニに「ほら、そこにあるよ」と教えてもらってはじめて認識する。わかってみると、しずしずと立っているその佇まいは、なんとも美しい。しびれるとはこういうときに使うことばなのかもしれない。

実はいま上に書いたように、見つけたのは友のシンマニだ。本当は彼のものなんだけれど、いつも彼と行ってサンサムがあると、彼はわたしに譲ってくれる。値段にすれば、1万から2万円はくだらないだろう。金ではないのだ。友の友情に感謝し、素直にいただく。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。