日本で乱立する日本語学校、その問題点とは?―華字紙

日本で乱立する日本語学校、その問題点とは?―華字紙
17日、日本新華僑報は、日本で日本語学校が乱立している理由について分析する記事を掲載した。資料写真。(Record China)
2019年5月17日、日本新華僑報は、日本で日本語学校が乱立している理由とその問題点について分析する記事を掲載した。

記事は、日本語学校は外国人留学生が来日したときの最初に到着する「駅」で、外国人にとっては「日本の第一印象」になると指摘。日本の大学に進学するにしても、就職するにしても、まずはある程度の日本語を身に付ける必要があり、日本語学校はこうした外国人を導く役割があると紹介した。

その上で記事は、「近年、在日外国人の増加に伴い、日本語学校開校ブームになっている」と指摘。18年2月の時点で、法務省が正式に認めた日本語教育機関の数は749校となり、過去最高数となったという。

増加の推移を見てみると、15年には41校、16年は50校、17年は77校増加しており、19年は2月までの間にすでに41校増加したという。しかし記事は、「全国にある800校近い日本語学校には、『良い学校と悪い学校』が混じっており、中には金もうけだけにしか関心がなく、資格審査も形だけのもので、教育の質は深刻なほど低下している」と分析した。

記事によると、以前は多くの日本語学校が現地まで赴いて学生と面接を行いしっかりとチェックし、日本語教師も厳選して質の高さを確保していたという。しかし、こうした慎重な学校運営が最近では揺らいできており、日本語学校の学生が大量に行方不明になる問題や、不法労働や犯罪に手を染める留学生が出てきていると伝えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月19日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。