米国のいじめ主義を中国が阻止、日本と欧州が受益者に―中国紙社説



米国の17日の発表で一時的な安心を得たであろう日本、欧州なども、米国の決定と中国のひるむことのない抵抗の関係をよく分かっているはずだ。近頃、米国内では「日欧に対する圧力の手を緩め、これら国々の協力を得て中国を包囲攻撃すべき」との主張が少なからず聞かれる。日欧は米国の政治上、軍事上の盟友だ。しかし、各国が「発展」を核心的利益とする今日、中国は実際のところ、日欧の経済利益を米国の一国主義による脅迫から守る防壁となった。

中国の政治制度、イデオロギーは欧州、日本のそれと大きな差があるが、中国の日欧に対する尊重の重さは米国の日欧への尊重以上だ。多極化と多国間主義は世界で最も重要な原則であり、いかなる国も一国主義という方法で世界の未来を決めてはならない。この問題において、中国、日本、欧州の利益は一致しているはずだ。(翻訳・編集/野谷)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月20日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。