日韓がG20大阪サミットで首脳会談?「日本は消極的、韓国は積極的」―中国メディア

日韓がG20大阪サミットで首脳会談?「日本は消極的、韓国は積極的」―中国メディア
中国メディア・法制日報は20日、来月のG20大阪サミットで日韓首脳会談が行われる可能性について、「日本側は消極的だが韓国側は積極的」と報じ、「日韓が転機を迎えられるかには依然として不確定要素が残る」と伝えた。資料写真。(Record China)
中国メディア・法制日報は20日、来月のG20大阪サミットで日韓首脳会談が行われる可能性について、「日本側は消極的だが韓国側は積極的」と報じ、「日韓が転機を迎えられるかには依然として不確定要素が残る」と伝えた。

先月13日、日本政府関係者は「安倍首相は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と話し合っても何の成果も見込めないとし、来月28~29日に大阪で開催されるG20サミットでの日韓首脳会談の開催を見送る方向だ」と明らかにした。今月13日には、西村康稔官房副長官も同じくG20サミットでの日韓首脳会談開催の可能性について、安倍首相が「実現は難しいだろう」との認識を示していると述べた。記事は、「実際に、先月から日本政府はG20サミットで日韓首脳会談を行わないという意志を韓国側に示し、徴用工などの問題において譲歩を促している」「韓国はそういった問題に対する態度を改められなければ、同サミットで冷遇を受けるだろう」とした。

続いて、「日韓首脳会談は昨年9月の国連総会期間中に行われて以来、1度も開催されていない。徴用工問題や慰安婦問題などといった原因により首脳間の交流が途絶えていることを受け、両国の関係者らは今回のサミットを契機に首脳会談を行うことに重要な意義があると見ている」と指摘。「先月23日に行われた日韓局長級会議で、韓国外交部の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長は金杉憲治アジア大洋州局長に対し、G20サミットで日韓首脳会談を開催できれば日韓関係を改善する重要な転機となると強調し、開催を促したが、日本側は『韓国が徴用工問題などにきちんとした対応をしていないこと』、『時間の関係』を理由に消極的な態度を示した」と伝えた。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月21日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。