中国・習近平主席がレアアース産地を視察、「貿易戦争の兵器」とアピールか

中国・習近平主席がレアアース産地を視察、「貿易戦争の兵器」とアピールか
中国の習近平国家主席が20日、江西省内のレアアース企業を視察した。同視察については、米中の経済対立に関連しているとの見方が中国内外から出た。(Record China)
2019年5月21日、中国メディアの新浪網は、習近平国家主席が20日、江西省●州市(●はへん部分が「章」、つくり部分は「夂」の下に「貢」)にある江西金力永磁科技を視察して、レアアース(希土類)産業の発展について説明を受けたと紹介する記事を掲載した。同視察については、米中の経済対立に関係しているとの見方が出た。

江西省は内モンゴル自治区と並び中国におけるレアアース類の二大産地だ。記事は冒頭で、中国の「最高実力者」などと呼ばれたトウ小平氏が1993年から93年にかけて中国南部を視察した際に、江西省で「中東には石油がある。中国にはレアアースがある」と述べたと紹介。同発言は、中国がレアアースを外交などでの戦略物資とみなすきっかけの一つになったとされる。

記事は、1970年代には中国のレアアース埋蔵量は世界の71%を占めるとみなされていたと紹介。その後の探査技術の進歩により、全世界での中国のレアアース埋蔵量は36%と低下したが、それでも世界一と紹介した。

記事はさらに、上海レアアース協会の朱銘岳名誉会長が2018年に、中国のレアアース分離技術は外国の5~10年先を言っていると紹介。米国には 希土類の半製品を中国に運んで精錬している採掘会社もあり、トランプ大統領による「関税戦」の発動は、そのような米国企業に大きな圧力を与えていると論じた。

中国は2006年ごろからレアアースの資源保護に乗り出し、2010年には輸出制限を始めた。特に日本に対しては、事実上の輸出停止を行った。輸出制限は、各国が自国資源を温存し、低価格の中国産レアアースを輸入していると認識し、「中国のレアアース資源が枯渇すれば、全世界のレアアース価格は高騰する。中国がその時になって高価なレアアースを輸入せねばならなくなれば、大きな損だ」と警戒したからとされる。また、日本に対しての禁輸は

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月21日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。