失業率は最悪なのに?韓国政府が「雇用状況は改善」と自画自賛しネットから非難の嵐

失業率は最悪なのに?韓国政府が「雇用状況は改善」と自画自賛しネットから非難の嵐
19日、韓国メディア・韓国日報は「失業率は最悪なのに、政府は『雇用状況改善』と自画自賛」との見出しで、韓国大統領府が「雇用状況は昨年より改善している」と発表したことを伝えた。写真は韓国大統領府。(Record China)
2019年5月19日、韓国メディア・韓国日報は「失業率は最悪なのに、政府は『雇用状況改善』と自画自賛」との見出しで、韓国大統領府が「雇用状況は昨年より改善している」と発表したことを伝えた。

韓国統計庁の最近の発表によると、先月の失業率は19年ぶりに最高値を記録した。しかし大統領府の鄭泰浩(チョン・テホ)雇用首席秘書官は同日のブリーフィングで、この結果に反して「雇用状況が昨年より改善しており、困難ではあるが希望がある」と述べた。希望がある根拠としては「前年に比べて増加した就業者数」を挙げたという。

また鄭秘書官は、このような成果は「政策の効果だ」と評価。「就業者数の増加は新産業?新技術分野と社会サービス分野の2分野が引っ張っている」とし、「情報通信技術(ICT)科学技術分野は約10万以上の就業者数の増加を着実に見せている」「第2のベンチャーブーム?第4次産業革命政策を展開した結果、新設の法人数が過去最高を記録した」「保健福祉分野の就職者も、昨年下半期以降平均15万人以上を維持している」などと強調したという。

しかし記事では、一部から「昨年の雇用状況があまりにも悪かったことによるベース効果に過ぎないという指摘も出ている」と伝えている。これについて大統領府関係者は「確かにベース効果はある。(ただし)ベース効果があっても政策的な成果がなければ難しいこと」と説明。現場で感じる雇用状況と政府発表に乖離(かいり)があるという指摘に対しては、「製造業と自営業は既存の雇用を支えていた分野だが、これらの分野に構造調整が出てきたことにより既存の就業者が苦痛を受けている。結局、政府としても製造・自営業分野で政策成果が早く出るように最善を尽くすことが重要」と述べたという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国政府 アイドル
  2. 韓国政府 日本
レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月21日の中国記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「政府」のニュース

次に読みたい関連記事「政府」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。