中国外交部「均衡ある平等互恵の米中貿易合意を」―中国メディア

中国外交部「均衡ある平等互恵の米中貿易合意を」―中国メディア
中国外交部の陸慷報道官は21日の定例記者会見で「米中間の貿易合意は双方向に均衡の取れた、平等互恵なものでなければならない」と述べた。(Record China)
中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は21日の定例記者会見で「米中間の貿易合意は双方向に均衡の取れた、平等互恵なものでなければならない」と述べた。

報道によると、トランプ米大統領は先日のインタビューで、過去数回の米中協議の前に「米中間の合意は対等(50-50)なものではあり得ず、過去の中国の貿易手法のため、米国により有利なものでなければならない」と中国側に告げたと述べた。

これについて、陸報道官は「『対等か否か』と『誰にとってより有利か』は貿易関係において別のことだ。2つのエコノミーに貿易の実践の中で絶対的な対等と開放を求めるのは非現実的だ。ましてや経済グローバル化自体が各国が強みによって補完し合い、あるものとないものを互いに融通し合うプロセスであることは言うまでもない」と指摘。

「いわゆる貿易の互恵と相互利益とは、全ての産業の公開市場が全体的な互恵と利益の均衡を実現することを指すはずだ。単純に米国が対中貿易関係で『損をしている』と考える見方は非科学的で、アンプロフェッショナルだ。交渉による貿易合意自体、全ての分野で絶対的平等を求めるのは不可能だが、双方向に均衡の取れた、平等互恵なものでなければならない」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月22日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。