ファーウェイの任正非CEO「危機的な時に米国企業は正義と良心を示している」―中国メディア

ファーウェイの任正非CEO「危機的な時に米国企業は正義と良心を示している」―中国メディア
ファーウェイの任正非CEOは21日、「米国の多くの部品メーカーやデバイスメーカーは長年当社をサポートしてきてくれた。特に、最近の危機的状況下でも、米国企業は正義と良心を示してくれている」と語った。資料写真。(Record China)
華為(ファーウェイ)の任正非(レン・ジョンフェイ)創始者兼最高経営責任者(CEO)は21日、次世代通信規格・5Gやチップなどに関する報道陣の質問に答えた際、「米国の多くの部品メーカーやデバイスメーカーは長年当社をサポートしてきてくれた。特に、最近の危機的状況下でも、米国企業は正義と良心を示してくれている」と語った。

華為の徐直軍(シュー・ジージュン)輪番会長から、数日前の夜中2時ごろ、電話で米国のサプライヤーが商品の確保に努めているとの報告があったことに関して、任氏は、「涙が出た。『道義にかなえば必ず多くの人びとの支援を得られ、道義にそむけば孤立無援になってしまう』という言葉は本当だと感じた。米国の企業は依然として、米国政府と、審査・認可に関する交渉を行っている」と話した。

そして、「米国企業と当社は運命を共にしており、私たちは皆、市場経済の主体である」と指摘した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月22日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。