「ファーウェイの次に警戒すべき中国企業5社」米国のブラックリスト流出―米メディア

「ファーウェイの次に警戒すべき中国企業5社」米国のブラックリスト流出―米メディア
米メディア・ブルームバーグは22日、「米国政府は中国企業5社を新たに『ブラックリスト』に入れ、米国からの部品などの調達を禁止しようとしている」と報じた。資料写真。(Record China)
米メディア・ブルームバーグは22日、「米国政府は中国企業5社を新たに『ブラックリスト』に入れ、米国からの部品などの調達を禁止しようとしている」と報じた。同日、中国メディア・環球網が報じた。

記事によると、米国政府は、主に防犯カメラなどの監視機器を製造している中国メーカー5社を「ブラックリスト」に追加し、米国からの部品やソフトウエアの調達を禁止しようとしている。この中にはHIKVISION(杭州海康威視数字技術)やDahua(浙江大華技術)が含まれることが分かっているが、あとの3社については明らかにされていないという。

ブルームバーグは関係者の話として、「トランプ政権はこれらの企業が新疆ウイグル自治区での少数民族抑圧に果たしている役割を懸念している。また顔認証機能を両社の監視カメラがスパイ活動で使われる可能性についても憂慮している」と指摘した。

今回の報道に対し、HIKVISIONは同日午前に発表した声明で、「わが社が公平かつ公正に扱われることを期待する」「当社はあくまでも製品のサプライヤーであり、新疆ウイグル自治区での不適切な行為などは一切行っていない。当社はこれまで、そして今後も人権侵害につながるような事業を会社事業として行うことはない」などと主張した。

中国の動画メディア・梨視頻(Pear Video)も同日にこのニュースを伝え、「HIKVISIONの株価は急落し、1月上旬以来の低値がついた」と報じた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月23日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。