韓国、米韓首脳会談の機密を流出させた外交官を摘発=ネットから批判続出

韓国、米韓首脳会談の機密を流出させた外交官を摘発=ネットから批判続出
23日、韓国メディア・JTBCによると、韓国の外交部高官が文在寅大統領とドナルド・トランプ大統領の会話内容を流出させたことが分かり、物議を醸している。写真は韓国外交部。(Record China)
2019年5月23日、韓国メディア・JTBCによると、韓国の外交部高官が文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ大統領の会話内容を流出させたことが分かり、物議を醸している。記事は「米韓首脳の会話内容は、韓国大統領府と米ホワイトハウスが約束した内容以外は機密として厳しく管理されているため、一方的に流出させれば外交的にも信頼が損なわれる」と懸念している。

記事によると、韓国野党「自由韓国党」の姜孝祥(カン・ヒョサン)議員は今月9日に記者会見を開き、「(文大統領が)トランプ大統領に、5月下旬に日本を訪問した後に少しでもいいから韓国に立ち寄ってほしいと提案したことが確認された」と米韓首脳の電話会談の内容を明らかにした。これは韓国大統領府も米ホワイトハウスも公開していなかった内容のため、韓国大統領府は「外交慣例に反する根拠のない主張」と強く批判した。すると姜議員は10日に「米国の外交消息筋を通じて把握した根拠のある事実だ」と反論していた。

その後、韓国大統領府と外交部による調査の結果、姜議員に会話内容を流出したのは、駐米韓国大使館所属の外交官であることが判明した。同外交官は米韓首脳による電話会談翌日の8日に大使館で会話内容を閲覧した後、9日明け方に姜議員と2回にわたりアプリで通話していた。同外交官は姜議員の高校時代の後輩で、「米韓首脳の会話内容を読んだ後、姜議員に覚えている限り話した」と流出させた事実を認めたという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月23日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。