中国外交部「米側が交渉再開に真摯であることを望む」―中国メディア

中国外交部「米側が交渉再開に真摯であることを望む」―中国メディア
中国外交部の陸慷報道官は23日の定例記者会見で「われわれは『再び交渉のテーブルにつく』ことに対する米側の姿勢が真摯なものであることを望む」と述べた。(Record China)
中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は23日の定例記者会見で「われわれは『再び交渉のテーブルにつく』ことに対する米側の姿勢が真摯なものであることを望む」と述べた。

【記者】華為技術(ファーウェイ)、大彊、海康威視など中国のハイテク企業が米国の技術供給制限措置に直面しているとの報道が最近相次いでいる。これは対中圧力強化の手段だとの見方で外部は一致している。また、ムニューシン米財務長官は米側は中国側と新たな協議を行うことにオープンな姿勢であり、米中が再び交渉のテーブルにつくことを望むと表明した。現状で、中国側は米中経済貿易協議継続の可能性をどう見ているか。

【陸報道官】われわれが繰り返し述べているように、中国側の扉は開かれているが、協議は有意義なものである必要があり、誠意がなければならず、互恵的な合意は相互尊重と平等互恵を基礎に築かれなければならない。従ってわれわれは、「再び交渉のテーブルにつく」ことに対する米側の姿勢が真摯なものであることを望む。

米国が政治的目的から国の力を使って中国のテクノロジー企業にいわれなき圧迫を加えていることは、世界全体の科学技術の発展と協力に深刻な影響を与え、関係国企業の直接的利益も損なっており、国際社会の賛同と支持を得ることはあり得ず、協議のために良好な雰囲気を醸成するのにもマイナスであることは明らかだ。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月24日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。