米中貿易で米国が損?追加関税で米国が利益?専門家が反論―中国

米中貿易で米国が損?追加関税で米国が利益?専門家が反論―中国
北京大学国家発展研究院は22日、「米中貿易および米中関係:挑戦と見通し」と題したフォーラムを開催した。資料写真。(Record China)
北京大学国家発展研究院は22日、「米中貿易および米中関係:挑戦と見通し」と題したフォーラムを開催した。専門家たちは、「協力こそが米中双方にとって唯一の正しい選択であり、関税という大きな棒を好き勝手に振り回す米国の誤ったやり方は、経済貿易問題の解決に少しも資さない。中国はこれまでずっといかなる圧力も恐れたことはないし、いかなるリスクと挑戦にも対応できるという自信があり、そして決意があり、能力がある」という見方で一致した。人民日報が伝えた。

■米国の追加関税は米国内の輸入企業・卸売企業・小売企業を通じて、最終的には米国の消費者にしわ寄せがいく

中国国際経済交流センターの陳文玲チーフエコノミストは、「米国が貿易戦争を発動したことは、米国経済におけるポピュリズムの産物であり、米国の利益を至上とする考え方を全世界に押し広げようとするものだ」との見方を示した。

清華大学中米関係研究センターの周世倹シニア研究員は、「追加関税は諸刃の剣であり、関税上乗せは保護貿易主義の最も簡単なやり方だ。米国の追加関税は米国内の輸入企業、卸売企業、小売企業を通じて、最終的には米国の消費者にしわ寄せがいく」と述べた。

北京大学国家発展研究院党委員会の余●(品の口が水)傑書記(副院長)は、「貿易赤字は米国にとって損していることを意味しない。赤字は両国の経済構造が決めるものだ」と述べた。

同研究院の林毅夫名誉院長は、「貿易がウィンウィンであるというのは、経済学の基本中の基本だ。米国が対中貿易で赤字になった大きな原因は、米国の貯蓄の少なさにある。貿易赤字を解決したいなら国内の問題から出発し、貯蓄を増やし、消費を減らさなければならない。関税によって赤字を解決しようとしても、かえって反対の結果を招くだけだ」との見方を示した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月25日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。