中国・日本・インドのスイカの食べ方はこんなにも違った―中国ネット

中国・日本・インドのスイカの食べ方はこんなにも違った―中国ネット
20日、中国メディアの新浪に、「中国人、日本人、インド人のスイカの食べ方はこんなにも違った」とする記事が掲載された。写真はスイカ。(Record China)
2019年5月20日、中国メディアの新浪に、「中国人、日本人、インド人のスイカの食べ方はこんなにも違った」とする記事が掲載された。

記事はまず、「甘い果肉たっぷりのスイカは中国人の大好物だが、外国人も例外ではない」とし、ネット上では中国人と日本人とインド人のスイカの食べ方の違いについて驚きの声が上がっていると伝えた。

記事は、中国人のスイカの食べ方について、「1つ10元(約160円)ちょっとと安く手に入ることもあり、1人で食べる際は、スプーンを使って果肉を掘り出し豪快に食べるのが一般的だ」とした。

一方で、日本については「そこそこいい値段がするので、日本人がよく購入するのはカットされたものだ。しかも塩をかけて食べる習慣があるという。そうすることで甘みが増すらしい」と紹介した。

インドについては「私たちとは食べ方が違うだけでなく、売られている状態も異なる。皮がむかれた状態で果肉だけを買う。食べ方は、ミキサーにかけてスイカジュースにして飲んだりもするそうだ」とした。(翻訳・編集/柳川)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月25日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。