ファーウェイが独自OS「華為鴻蒙」をすでに商標登録か―中国メディア

ファーウェイが独自OS「華為鴻蒙」をすでに商標登録か―中国メディア
観察者網は24日、ファーウェイが独自OS「華為鴻蒙」をすでに商標登録したようだと伝えた。写真はファーウェイ。(Record China)
観察者網は2019年5月24日付で、ファーウェイが独自OS「華為鴻蒙」をすでに商標登録したようだと伝えた。

記事は、ファーウェイの余承東(ユー・チェンドン)コンシューマー事業部CEOが21日夜、SNSを通して早ければ今年の秋に、遅くても来年春には独自OSを発表すると明らかにしたと紹介。観察者網が国家知識産権局の公式サイトを調べたところ、ファーウェイは「華為鴻蒙」という商標を18年8月24日に申請していた。同年9月8日に申請が受理され、19年5月14日には登録されており、有効期間は同日から29年5月13日まであることが分かったと伝えた。

商品名・サービスの説明部分には、「オペレーティングシステム」などが含まれており、「ファーウェイによる独自OSの名称が『鴻蒙』となる可能性が高いことを証明している」と記事は紹介した。

余CEOによると、ファーウェイのOSは、スマートフォン、パソコン、タブレットパソコン、テレビ、自動車、ウェアラブル端末を統合するシステムだという。また、アンドロイドとウェブの全てのアプリと互換性を持つもので、アンドロイドのアプリをファーウェイのOS上でコンパイルすると、動作性能が60%向上するという。(翻訳・編集/山中)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月25日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。