中国製高速リニアのテスト車両がラインオフ、時速600キロ―中国メディア

中国製高速リニアのテスト車両がラインオフ、時速600キロ―中国メディア
中国で製造された時速600キロメートルの高速リニアのテスト車両が23日に山東省青島市でラインオフした。これにより、中国は高速リニア技術の分野で重大なブレークスルーを達成したことになる。(Record China)
中国で製造された時速600キロメートルの高速リニアのテスト車両が23日に山東省青島市でラインオフした。これにより、中国は高速リニア技術の分野で重大なブレークスルーを達成したことになる。北京日報が伝えた。

新興の高速交通モデルの1種類である高速リニアは、速度が速い、安全で信頼性が高い、騒音と振動が少ない、旅客輸送量が大きい、屋外の環境に対する耐久性が高く時間に正確、メンテナンスが楽といった数々の優位性を備える。現在、高速鉄道の営業最高速度は時速350km、航空機の巡航速度は時速800~900kmとなっており、時速600kmの高速リニアは高速鉄道輸送と航空輸送との速度の空白地帯を埋めることができる。

■高速リニアは未来で具体的にどのような役割を果たすか?

説明によると、高速リニアは現時点で実現可能な速度が最も速い地上交通ツールとして、長距離輸送に利用され、大規模ターミナル都市間や都市圏間に「高速回廊」を構築することができる。実際の移動時間を計算してみると、1500キロメートルの輸送距離なら、高速リニアが最速の交通ツールになる。高速リニア課題チームの責任者を務める中車青島四方股フン有限公司(フンはにんべんに分)の丁●●(参の彡が三)サブチーフエンジニアは、「北京から上海に行く場合、前後の移動時間を含めると、飛行機なら約4.5時間、高速鉄道なら約5.5時間かかるが、高速リニアなら約3.5時間で済む」と説明する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月27日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。