GNIグループのアイスーリュイが中国でじん肺治療薬としての臨床試験へ、その他

GNIグループのアイスーリュイが中国でじん肺治療薬としての臨床試験へ、その他
ジーエヌアイグループは、同社のアイスーリュイが、じん肺治療薬としての治験を許可されたと発表した。中国では、政府が確認しただけでもじん肺患者が90万人近く存在するとされる。多くの場合、劣悪な労働環境(写真)が背景にあったと見られている。(Record China)
GNIの薬品が中国でじん肺治療薬としての臨床試験 / 菊池製作所が広東省に孫会社を設立、日系企業向け生産を強化 / 日本で展開する米大学系クリニックの会員権を中国で販売へ / 越境ECのインアゴーラが「おもてなしセレクション2019」のオフィシャルパートナーに

●ジーエヌアイグループのアイスーリュイが中国でじん肺治療薬としての臨床試験へ
国家薬品監督管理局が、ジーエヌアイグループ(GNI)の連結子会社である北京コンチネント薬業によるアイスーリュイのじん肺治療薬としての治験許可(IND)申請を承認した。GNIが2019年5月27日付で発表した。北京コンチネント薬業は臨床試験を開始するため、病院との提携を速やかに進める。

じん肺は、肺に炎症や瘢痕化(線維化)を引き起こす慢性的な肺疾患で、吸い込まれた粉塵や微粒子が、肺の細胞に蓄積することによって発生する。中国メディアの中国新聞社の5月13日付報道によれば、中国政府は同日、中国では職業によりじん肺になった患者が2018年末時点で87万人存在したと発表した。きちんとした診断を受けていない人を含めれば、じん肺患者ははるかに多いとの見方もある。

GNIによると、アイスーリュイは原因不明の間質性肺線維症である特発性肺線維症(IPF)、肺及び縦隔がんに対する標準的な治療である放射線療法の結果としての放射線性肺炎、結合組織疾患を伴う間質性肺疾患、糖尿病患者の慢性腎臓病である糖尿病腎症に対して、抗線維化、抗炎症、抗酸化作用によって肺や腎臓の線維化進行を効果的に抑制し、病態の進行を遅延させる。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月28日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。