出産シーズンを迎えたチルーの大移動―中国

出産シーズンを迎えたチルーの大移動―中国
中国西部の青海省・チベット自治区・新疆ウイグル自治区に生息する「高原の精霊」と呼ばれるチルーは5月に入り、長距離移動の「出産シーズン」を迎える。(Record China)
中国西部の青海省・チベット自治区・新疆ウイグル自治区に生息する「高原の精霊」と呼ばれるチルーは5月に入り、長距離移動の「出産シーズン」を迎える。中国新聞社が伝えた。

【その他の写真】

毎年5-7月になると、多くのメスのチルーが青海省三江源、西蔵羌塘、新疆阿爾金山の3大国家級自然保護区から、「大産室」の可可西里(ココシリ)の卓乃湖に向かって移動し、集まって出産する。

青海省可可西里国家級自然保護区管理局の情報によると、三江源地域のチルー42頭が今月1日、青蔵鉄道と青蔵道路を渡り、可可西里の奥地にある卓乃湖に移り、出産準備に入った。これにより今年のチルー大移動が全面的に始まったことを意味する。

西蔵・阿里(ガリ)地区改則県の公式発表によると、同県古姆郷付近でこのほど、チルーの大移動が確認された。規模は約3000頭。毎年夏になると、現地のチルーは固定ルートを通り北(青海省方面)に移動する。

可可西里国家級自然保護区管理局は現在、保護基地の人員を増やすなど、チルーの移動の「護衛」を開始している。チルーの群れが青蔵道路を横断しようとするのを発見次第、交通規制を開始し、ヒトによる干渉を極力回避させる。

野生生物保護学会(WCS)の科学者のジョージ・シャラー氏はこのほど、青海省西寧市で、「現在、世界中にこのような有蹄類の大移動はわずかしか残っておらず、この不思議な景観を留めることは中国、ひいては世界にとって重要な意義がある。世界にはここほど素晴らしい場所はない。多くのメスのチルーが集まり出産する。近くには湖があり、遠くには雪山がある」と述べた。

チルーは国家1級保護動物で、主に標高3700-5500メートルの高原の草原と牧草地、それから標高の高い寒く荒れ果てた地帯に生息し、朝晩に餌を求め、走ることを得意としている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月29日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。