孔鉉佑駐日大使が着任、新時代にマッチした日中関係を―中国

孔鉉佑駐日大使が着任、新時代にマッチした日中関係を―中国
中国外交部の副部長兼中国政府朝鮮半島事務特別代表だった孔鉉佑氏が中国の次期駐日大使に任命され、30日に着任する。(Record China)
中国外交部の副部長兼中国政府朝鮮半島事務特別代表だった孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)氏が中国の次期駐日大使に任命され、30日に着任する。

【その他の写真】

孔氏は28日に北京で記者団の取材に応じ、「日中両国は早くから、密接不可分で、高度に融合した利益関係を築いてきた。2018年、日中間の貿易規模は約3300億ドルで、人員の往来は延べ約1200万人に達した。つまり、1日当たり約3万人が日中間を行き来していることになる。そして、日中両国は世界第2位と第3位を占めるエコノミーであることは周知の事実であり、日中関係がもたらす影響はすでに両国の範疇にとどまらず、地域や世界の平和、安定、繁栄という面において、ますます重要な責任を担うようになっている」と述べた。

また、「今年は中華人民共和国成立70周年に当たる。一方の日本も『令和』の時代に入っている。新時代を前に、日中両国関係を安定して長期にわたり発展させるためには、平和、友好という方向性を堅持し、日中両国の政府が合意に達した日中間の4つの基本文書が確立している各原則を厳守し、両国の政治的相互信頼にプラスのエネルギーを注入し、両国間の政治的相互信頼を継続的に強化しなければならないと考えている。同時に、双方の経済分野におけるウィンウィンの協力を深化、開拓し続け、経済協力が両国関係の『バラスト』としての役割を一層効果的に果たすよう促進しなければならない」と指摘した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月30日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。