米学会がファーウェイ関係者を論文審査から排除、批判広がる―中国メディア

米学会がファーウェイ関係者を論文審査から排除、批判広がる―中国メディア
米国の学術団体IEEEが華為技術(ファーウェイ)の関係者を論文審査から排除するというニュースが伝わり、中国のネットユーザーの間で広く注目を集めている。写真はファーウェイ製品。(Record China)
米国の学術団体IEEE(米国電気電子学会、Institute of Electrical andElectronics Engineers)が華為技術(ファーウェイ)の関係者を論文審査から排除するというニュースが伝わり、中国のネットユーザーの間で広く注目を集めている。環球時報が伝えた。

伝えられたところによると、IEEEは電子メールを通じて、ファーウェイの従業員がIEEEの機関誌の編集および論文審査に関わるのを禁止すること、過去にファーウェイから科学研究費を受領した人も論文審査に関われないことを通達した。このメールが明らかになると、学術界にはすぐさま大きな波紋が広がった。

シンガポールの中国語紙「聯合早報」の報道によると、今回明らかになったメールには、IEEEは「IEEEのFAQ(よくある質問)文書第12項に基づき、当会はファーウェイ従業員を機関誌の査読段階での論文審査担当者および編集担当者として採用してはならない」、「ファーウェイ従業員が編集委員会に残ることは認めるが、ファーウェイが米国商務省のブラックリストから除外されるまでは、どのような文書の処理も担当してはならない」とあった。また、「当会には他の選択肢はなく、関連の新規定を遵守するしかない」ともあった。専門家は、「IEEEがファーウェイ従業員を査読段階の論文審査および編集の担当者に採用しないよう求めたのは、おそらく論文審査が秘密保守の問題に関わってくるからで、機密漏洩を防ぐのが狙いだろう」との見方を示した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年5月31日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。