「韓国選手の異常行為は今回が初めてではない」と中国紙、「韓国全体を恨む必要はない」とも

「韓国選手の異常行為は今回が初めてではない」と中国紙、「韓国全体を恨む必要はない」とも
中国紙・環球時報は30日、韓国選手による優勝カップ踏みつけ事件について、「中国人は韓国全体を恨む必要はない」と題した社説を掲載した。(Record China)
中国紙・環球時報は30日、韓国選手による優勝カップ踏みつけ事件について、「中国人は韓国全体を恨む必要はない」と題した社説を掲載した。

29日、中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップで、優勝したU-18(18歳以下)韓国チームの選手1人が優勝カップを脚で踏みつけたり、カップに放尿するようなポーズをとったりした。抗議を受けて韓国代表チームの選手は同日夜に会見を開き、「中国の方を傷つけてしまった」と全員で謝罪したが、大会運営側は韓国の優勝カップ剥奪を決定した。

記事によると事件後、中国のメディアにとどまらず、韓国のネットにも「韓国サッカーの顔に泥を塗った」「サッカーの前にまずは人としての在り方を勉強すべき」などと選手を非難する声が大量に寄せられた。

記事は、「この行為の善し悪しははっきりしており、論争の余地はないだろう。今回の件は韓国の18歳以下の子どもによる『教養を欠いた』驚くべき行動だったと受け取ることができる。しかし、これに対して韓国の大人たちがとった態度はしかるべきものだった。彼らは選手らを公然と叱責し、怒らせた相手の元に選手を連れて謝りに行った」と指摘した。そして、「こうした状況を鑑みると、相応の話し合いをし、厳格な態度を示した後、中国人はもはやこのことで韓国全体を恨む必要も、あの子どもたちの行為が韓国社会の中国に対する侮辱だなどと捉える必要もないだろう」とした。

続けて、「これと同時に、韓国社会はどうして韓国のユースチームによってこのような極端なパフォーマンスがなされたのか考え直してみるべきだろう」と指摘。「サッカーで今回のようなパフォーマンスが見られたのはおそらく世界で初めてだが、心理学的な観点から見れば、子どもの取る行動はどれも模倣から派生しているはずだ」とした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月1日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。