韓国の歴史観は「他人に厳しく自分に甘い」?ベトナムの慰霊碑に「加害者」がいない理由

韓国の歴史観は「他人に厳しく自分に甘い」?ベトナムの慰霊碑に「加害者」がいない理由
30日、韓国日報は「ベトナム戦争の記憶は不公正…韓国はただ『他人に厳しく自分に甘い』」との見出し記事を報じた。写真はベトナム・ダナン市。(Record China)
2019年5月30日、韓国メディア・韓国日報は「ベトナム戦争の記憶は不公正…韓国はただ『他人に厳しく自分に甘い』」との見出し記事を報じた。

記事はまず、ベトナム戦争真っただ中の1968年に民間人135人が虐殺された「ハミの虐殺」について伝えている。韓国軍人らによるものだったが、慰霊碑の造成基金をつくった韓国の参戦軍人団体が、事実が刻まれた慰霊碑にある韓国に関連する記録の削除を要求し、住民らが慰霊碑の裏面に蓮の花の模様の大理石を重ねて隠したという。記事は「この加害者のいない追慕碑は、歴史の真実にたどりつけない中途半端な記念物のままだ」と伝えている。

また記事は、ベトナムと戦争の記憶についてつづられた、ベトナム系米国人学者の著書「NOTHING EVER DIES(何も消えない)」も紹介。筆者は「ベトナム戦争はわれわれの中にとどまり、新たな戦争の悲劇を生んでいる。戦争の記憶の方法が間違っているからだ」「ベトナム戦争の記憶は公正ではない。勝手に歪曲(わいきょく)・美化された」などと指摘している。韓国についても「韓国が被害者だったことはない。ご主人様によく学んだ暴力団であると同時に、代理人・側近だった」とし、「韓国は日本に対して過去の歴史問題を突きつけるが、ベトナム戦争当時に犯した過ちは積極的に謝罪しない」と批判。このような韓国の歴史に対する態度を「他人に厳しく自分に甘い」と皮肉っている。

これを受け、韓国のネット上では「認めるべきところはしっかり認めよう。韓国もベトナムに対しては加害者」「その通り。日本をたたく前に、ひざまずいてベトナム国民に謝罪すべき。韓国の歴史は歪曲が多い」「今の韓国は派兵当時の国力とは違う。だから言い訳せずに被害者に許しを乞うて被害補償をすべき。そうでなければ、韓国が日本に被害補償を求めるのはそれこそ自分に甘過ぎ」とのコメントが寄せられている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国メディア 日本
  2. 韓国メディア 日本代表
レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月3日の中国記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事

「韓国メディア + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら