中国が初の「大気の質改善報告」、2013年からの改善の成果明らかに―中国メディア

中国が初の「大気の質改善報告」、2013年からの改善の成果明らかに―中国メディア
世界環境デーの世界会場で行われたイベントの一環として5日、生態環境部は「中国大気の質改善報告(2013-2018年)」を発表した。写真は大気汚染発生時の北京。(Record China)
世界環境デーの世界会場で行われたイベントの一環として5日、生態環境部は「中国大気の質改善報告(2013-2018年)」を発表した。

■74都市のPM2.5平均濃度が42%低下

同報告には中国の大気対策の総合的成果や主要な措置、主要な課題、今後の展望といった内容が含まれている。中国が2013年以降の大気対策による改善の成果を発表した初の報告書となる。

同報告によると、2013年以降、中国は経済が持続的に成長し、エネルギー消費量が持続的に増加する中で、大気環境の質が全体的に改善された。2018年には全国の国内総生産(GDP)が2013年比39%増加し、エネルギー消費量は同11%増加、自動車保有台数は同83%増加したが、一方で多くの大気汚染物質は濃度の大幅低下を達成した。「大気環境質標準」(GB3095-2012)の第1段実施都市74カ所は、PM2.5の平均濃度が42%低下し、二酸化硫黄(SO2)の平均濃度も68%低下した。

中国は2013年に北京・天津・河北、長江デルタ地域、珠江デルタ地域を大気汚染対策重点エリアと定め、国家レベルでエリアの大気汚染の共同防止共同抑制を展開し、大気の質が年を追って改善されるよう推進した。2018年になると、この3重点エリアのPM2.5濃度は2013年に比べて、北京・天津・河北が48%、長江デルタが39%、珠江デルタが32%、それぞれ低下した。

■主要大気汚染物質の排出量が減少

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月8日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。