中国自動車メーカー初の海外「完全進出」=習近平主席・プーチン大統領出席の式典も、長城汽車のロシア工場が稼働開始

中国自動車メーカー初の海外「完全進出」=習近平主席・プーチン大統領出席の式典も、長城汽車のロシア工場が稼働開始
中国の自動車メーカーである長城汽車のロシア工場が稼働を開始した。プレスから組み立てまでを一貫して行う、中国の自動車メーカーとして初の「海外進出」で、中ロ首脳の習近平国家主席とプーチン大統領が出席する式典も開催された(写真)。(Record China)
中国の自動車メーカーである長城汽車のロシア・トゥーラ州工場が5日、稼働を開始した。モスクワのクレムリンでは、中ロ首脳の習近平国家主席とプーチン大統領が出席する式典も開催された。新華社など中国メディアが2019年6月7日付で報じた。

【その他の写真】

トゥーラ州はモスクワ市の南に隣接しており、工業パークも建設されている。長城汽車の工場は海外に進出した中国の自動車メーカーとしては初めてプレス、溶接、塗装、組み立てを一貫して行う。投資額は5億ドル(約540億円)で、同社の哈弗F7(Haval F7)を年間15万台生産する計画だ。生産の現地化率は65%という。

モスクワ・クレムリンでは、訪ロ中の中国・習近平国家主席とロシア・プーチン大統領が出席する式典も開催され、同工場で製造されたHaval F7にサインするなどした。

米ロの関係は2014年のクリミア危機(ウクライナ問題)以来冷え切っている。米中関係も、2018年以来の貿易摩擦がさらにエスカレートしている。このところの中ロ接近は、米国への対抗が背景にある。新華社は、ロシア市場では長城汽車とライバル関係にある吉利汽車も、長城汽車の工場開業に対して祝電を送ったと報じた。中国自動車メーカーのロシア進出が、中ロの緊密化を象徴する、あるいは促進を念頭におく政治絡みのイベントと見なされていることが分かる。(翻訳・編集/如月隼人)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら