<コラム>中国政府発表「米中経済貿易協議についての中国側の立場について」(全訳)

<コラム>中国政府発表「米中経済貿易協議についての中国側の立場について」(全訳)
中国政府は2日、「中米経済貿易協議についての中国側の立場について」と題する白書を発表した。米中経済摩擦については日本でも連日報道されているが、「中国の生の声」を知る機会は少ないように思える。そこで、白書全文を日本語訳した。資料写真。(Record China)
中国政府は2日、「中米経済貿易協議についての中国側の立場について」と題する白書を発表した。米中経済摩擦については日本でも連日伝えられているが、米国側からの情報に関連する報道が多い。また、日本国内の報道である以上、日本のメディアの見方が基調であることは避けられない。しかし「中国の生の声」を知ることも必要と考え、白書全文を日本語訳した。ただし原文では、主張の根拠として取り上げた中国内外での発表の出典(参照先)が数多く添えられているが、本日本語訳では割愛した。

なお、中国政府が発表した文章である関係で、本文中では両国を併記する場合に「中美(=中米)」の書き方をしているが、日本での習慣を考え、本訳出では「米中」で統一した。読みやすくするため改行を追加した。また、日本人読者の理解に役立つと思われる追加は、( )に記入した。日本人読者に分かりにくいと思われる比喩表現は、適宜、変更した。
--------------------
【はじめに】

米中貿易関係は両国関係の安定のための重しであり、両国国民の根本的利益にかかわっており、世界の繁栄と安定に関わっている。両国は国交樹立以来、二カ国間の経済貿易関係を発展させ続け、協力分野を不断に開拓し、協力レベルを不断に向上させ、高度の補完性と、利益を融合させる互恵・ウィンウィンの関係を形成してきた。このことにより、両国が利益を得ただけでなく、全世界に恩恵が及んだ。

両国は発展段階と経済制度が異なるため、経済貿易の協力において対立と摩擦が発生することは避けられない。米中の経済貿易の歴史過程の中では、曲折が出現し困難な局面に直面することも多かった。しかし両国は理性と協力的な態度にもとづき、対話と交渉を通じて問題を解決し、矛盾を解消させ対立を縮小してきた。両国の経済貿易関係は成熟へと向かって行った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。