元慰安婦支援財団の解散、「支援金を受け取りたい」と悩む遺族も=韓国ネットから賛否の声

元慰安婦支援財団の解散、「支援金を受け取りたい」と悩む遺族も=韓国ネットから賛否の声
10日、韓国・ニューシスは、韓国政府が慰安婦問題をめぐる15年末の日韓合意に基づき設立された「和解・癒し財団」の解散を発表したことにより、元慰安婦やその遺族らに対する救済支援に遅れが生じていると報じた。写真は韓国にある慰安婦少女像。(Record China)
2019年6月10日、韓国・ニューシスは、韓国政府が慰安婦問題をめぐる15年末の日韓合意に基づき設立された「和解・癒し財団」の解散を発表したことにより、元慰安婦やその遺族らに対する救済支援に遅れが生じていると報じた。

記事によると、同財団は朴槿恵(パク・クネ)政権時代の15年12月28日に締結された日韓合意に基づき、日本政府が拠出した10億円を原資に16年7月25日に設立された。その後、財団は元慰安婦47人に1人当たり1億ウォン(約900万円)、遺族199人に各2000万ウォンを支給する計画を発表し、元慰安婦36人と遺族71人が支援金の申請を行っていた。しかし韓国では同財団に対する否定的な意見も多く、文在寅(ムン・ジェイン)政権は昨年11月に財団の設立許可の取り消しを発表し、解散手続きを開始した。これにより、同財団に支援金を申請していた元慰安婦2人と遺族13人が支援金を受け取れずにいるという。

昨年10月に支援金を申請したが、いまだ受け取れずにいるという遺族の女性は「(支援金は)慰安婦だった母が受け取るはずだったもの。遺族として1日も早く受け取りたい」と話している。別の遺族の女性も「(慰安婦だった)姉の名誉回復につながると考え政府に支援金を申請したが、(受け取れないまま)時間だけが無駄に過ぎている」と話したという。

これに対し財団側は「解散の発表により財団法人としての資格がなくなったのでいかなる回答もできない」との立場を示している。同財団を所管する韓国の女性家族部も「すでに政府の手を離れ、解散が決定した事項」と述べているという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国政府 アイドル
  2. 韓国政府 日本
レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月11日の中国記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら