ルネサスと上海VWがオートモーティブ・エレクトロニクス共同研究所を設立、その他

ルネサスと上海VWがオートモーティブ・エレクトロニクス共同研究所を設立、その他
ルネサスエレクトロニクスと上海フォルクスワーゲンは上海市内に共同研究所を設立した。写真は4月に開催された上海モーターショーでの上海フォルクスワーゲンの展示スペースから。(Record China)
ルネサスと上海VWが共同研究所を設立 / アイシンが上海にアフターマーケットの販売会社を設立 / 海外送迎サービスSmartRydeがシートリップと提携強化 / ブランドショップのセキド、北方黄金珠宝学院と提携して日本への就職を支援

●ルネサスと上海VWがオートモーティブ・エレクトロニクス共同研究所を設立
ルネサスエレクトロニクスと上海フォルクスワーゲンは4月15日、上海市内にオートモーティブ・エレクトロニクス共同研究所を設立した。ルネサスが6月10日付で発表した。同研究所設立で、中国の自動車市場に向けた次世代のデジタルコクピットや車載制御システムをはじめとする最新の車載用アプリケーションの研究開発を加速する。

ルネサスの得意とする高性能マイコン、SoC(System on Chip)およびソフトウェアの知見と、上海フォルクスワーゲンの研究開発力を結集する。上海フォルクスワーゲンの次世代車載電子プラットフォーム開発に向けて、ソフトウェアモジュール開発やシステム統合の実現を支援し、中国自動車市場の要求に応える。

●アイシングループ、上海にアフターマーケットの販売で合弁会社を設立
アイシン精機は6月10日、100%子会社の愛信精機(中国)投資(本社・天津市)が、珠海信至盟投資合夥企業(本社・広東省珠海市)との合弁で、アフターマーケット向け販売を行う「愛信精機(上海)貿易」を4月に設立したと発表した。操業開始は6月。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2019年6月11日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。